矯正歯科

矯正歯科

当院の矯正歯科治療

小児矯正
小児矯正

顎が成長過程にある子どものうちに矯正治療を始めることで、より適切な骨格形成と噛み合せに改善することが出来ます。
子どものうちに矯正を始めることにより、顎の成長を適切に誘導しながら治療を進めていくことが出来るので、永久歯が生えるときに正しい噛み合わせにでき、大人の歯を抜かずに治療出来る可能性が高くなります。

床矯正
床矯正

あごを拡げて歯を並べる保存の立場に基づく歯を抜かないで行う矯正治療が床矯正です。
床装置という入れ歯みたいなものを固定源にして、歯を動かしたり、あごを拡大して、歯並びをきれいにし、咬み合わせを整えて行く矯正治療です。

成人矯正
成人矯正

矯正治療は、成長期のお子様だけでなく、大人も受けられる治療です。
近年では、就職活動中の方や、結婚を控えている方など、人生の節目を機会に治療を始められる方も増えてきました。
また、治療技術や材料の進歩により、目立たない白いブラケット、透明で薄いマウスピースを一定期間装着して取り替えながら矯正をする「マウスピース矯正」など、治療方法の選択肢が増えました。
それにより、他人に治療中であることが気付かれたくないという方にも、矯正治療を受け入れられるようになってきました。
ここでは、成人矯正の目的や、メリット、注意点などをご紹介します。

外科矯正
外科矯正

主に顎変形症など顎自体に問題がある症例の治療に適応されます。
外科矯正は、外科手術と矯正治療を併用する治療方法です。
上顎と下顎の骨の位置や形、大きさが原因でお顔が変形している顎変形症や、顎自体が抱える問題による不正咬合は、矯正装置の治療のみで改善することは難しいです。
このような症例の多くは、骨格的な改善が必要になるため、外科手術と歯列矯正を併用した治療を行う場合があります。

マウスピース矯正
マウスピース矯正

マウスピース矯正は、アーチワイヤーやブラケットを歯に装着する従来の装置と違い、自分で外せるマウスピース状の装置です。
「アライナー」というマウスピース矯正装置を、約2~3週間ごとに交換しながら、少しずつ歯を動かしていきます。軽くて薄い透明な素材でできているので、歯に装着しても周囲から目立ちません。
歯磨きや食事のときには外すことができるので、日常生活への影響が少ない装置です。
アーチワイヤーとブラケットを使用した矯正法で「目立つ」ことに抵抗があって、治療に踏み切れなかった患者さんにとって、有効な装置です。

矯正症例写真

叢生
下顎前突
開咬

医院情報

Y's歯科クリニック

神奈川県横浜市保土ヶ谷区
星川1-25-4
TEL:045-334-4183

医院詳細・アクセスはこちら

月水木金
10:00~13:00/14:30~20:00
受付は30分前で終了です。
最終受付は19:40で終了です。
土曜
10:00~13:00/14:00~18:00
受付は30分前で終了です。
休診日
火曜日、日曜日、祝日
pagetop

Copyright ©Y’s DENTAL CLINIC. All right reserved.